注目テーマ株「人工知能」について解説

人工知能

人工知能への注目が高くなっている

lot、life、ai

人工知能(AI)という言葉はIT業界どころか世間一般にすっかり浸透しました。そのため、ITにそれほど詳しくない層も人工知能に興味を持ち、大手家電メーカーもAI搭載商品の開発に力を入れています。このように世間から人工知能は私たちの生活をより豊かにするものとして高い注目を浴びています。人工知能が登場するまでのIT技術の最先端はプログラミング技術を使って業務を短縮することでした。しかし、人工知能が登場したことで、機械を使って業務を効率化するのではなく、機械に業務そのものをお任せする時代となりました。

AI関連企業への投資が増加

プログラミング

人工知能が世間一般から注目されたことにより、AI搭載商品の開発関連株を購入する人が増えてきています。人工知能関連開発の需要は今後増えていくことが予測されるでしょう。そこで、大手だけでなく中小規模のIT企業も人工知能関連開発に力を入れています。人工知能関連開発を行うにあたってはよく人工知能関連開発に使われることで知られるプログラミング言語Pythonを使いこなせるだけでなく、大学卒業レベルの数学・統計学に関する知識が必要です。そのため、高い技術力を持ったエンジニアがいないと人工知能関連開発に着手するのは難しいと言えます。

どうしても優秀なエンジニアは大手企業に流れてしまいがちですが、やりたいことがはっきりしている人の場合ベンチャー企業を立ち上げることもあります。このようなベンチャー企業で開発されているAI搭載商品や人工知能関連サービスは現代の風習に囚われない斬新な発想で開発されているものが多いです。そのため、世間にその商品・サービスが見つかることで突如大ブレイクすることがあります。ただし、ブレイク前の企業の株価は安いです。そこで投資家は、これから大幅な値上がりが期待できそうな人工知能関連開発を行う企業に積極的に投資を行っています。

狙い目はどんな企業?

人工知能関連開発企業はどの企業も優秀な人材が集まっていますが、全ての株が大幅な値上がりをすることはありません。大半の企業は需要が無い故に株価が上昇しないので、しっかりと株価が上昇する銘柄を見極める必要があります。そこで注目すべき人工知能開発関連株は、現段階の日本のIT業界において主流の技術よりもワンランク上の技術を用いた開発を行っている企業と言えるでしょう。今の時代において、画像認識や音声認識は当たり前であり、それに捉われない開発ができるだけのスキルのある企業は大幅な値上がりが期待できます。

「株マイスター」の記事について紹介しています。こちらも合わせてどうぞ。
メダル
2020年大注目!オリンピック関連株について徹底解説

海外から観戦客がやってくる!インバウンド関連銘柄は目が離せない東京オリンピックが開催されれば、外国から観戦客がどんどん訪れてきます。そのため...

記事を読む